TOP>どうなる?どうする?2030年のエネルギーミックス

2015年5月4日

日本のエネルギーミックスの、これからを考える政策コミュニケーションの場です。

どうなる? どうする? 2030年のエネルギー

【日時】 2015年5月15日(金)18:30〜20:30
【会場】 札幌市環境プラザ 環境研修室1・2

4月28日、経済産業省は長期需給見通し小委員会で了承された
2030年の電源構成(エネルギーミックス)案を公表しました。
目標数値は、総発電電力量(1兆0650億キロワット時)のうち、
原子力発電20〜22%、再生可能エネルギー22〜24%、
火力発電56%程度としています。
本案のパブリックコメントの実施は不明ですが、
経済産業省は小委員会に対する
市民の意見を聞く「意見箱」を設置しています。

■エネルギーミックス案の内容、数値の意味、背景などについて理解を深め、
  参加者のみなさんが2030年のエネルギーについて考え、
  行動するためのきっかけづくりの会です。
■エネルギーミックスについて、意見交換をしながら自分の意見をまとめ、
  参加者のみなさんが委員会に自分の意見を届ける
  行動の一助となることをめざしています。
【プログラム】
18:30 :プレトークセッション (開催趣旨、ワークショップの進め方)
18:40 :話題提供 エネルギーミックスについて
 水越和幸さん(北海道新聞社 論説委員)
 経産省案(長期需給見通し小委員会)の議論経過、数字の意味を読み解きます。
19:10 :参加者同士の対話セッション
20:00 :全体での意見共有セッション
20:30 :終了

★ 参加お申込★

・定員  20名(お申込先着順)
・お名前、ご所属、ご住所、連絡先(メール、TEL、FAX)をお知らせください
・申込先   NPO法人北海道グリーンファンド
     〒060-0061 札幌市中央区南1条西6丁目札幌あおばビル10階
E-mail office【@】h-greenfund.jp 【@】を@に直してください
申し込みフォームはこちらから
TEL  011-280-1870
FAX 011-280-1871

★チラシ(PDF) ★ 

こちらからダウンロードできます

主催  NPO法人北海道グリーンファンド
共催  北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク
協力  環境省北海道環境パートナーシップオフィス