TOP >シリーズ 2℃未満の道 Vol.1

シンポジウム 暮らしにせまる 気候変動の脅威 気候変動をはじめとする様々な環境変化が世界各地から報告されています。自然界ではどのようなことが起きているのか、北海道の農業にはどのような影響があるのかなど、専門家からの報告をもとに、わたしたちができることを考えます。

 と き:2016年9月30日(金)13:30〜16:10(13:00開場)

 ところ:札幌駅前ビジネススペース 2A
     (札幌市中央区北5条西6丁目1- 23 第二北海道通信ビル2 階) 地図はこちら

 参加費:無料

 定員:80名(申込先着順 定員に達し次第、締め切ります) 申込方法はこちら

 2015年12月にフランス・パリで開催された気候変動枠組条約第21回締約国会議 (UNFCCC/COP21)で、新たな法的枠組みとなる「パリ協定」が採択されました。この協定は、世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保つとともに、1.5℃に抑える努力を追求すること、適応能力を向上 させること、資金の流れを低排出で気候に強靱な発展に向けた道筋に適合させること等によって、気候変動の脅威への世界的な対応を 強化することを目的としています。
 今回、このパリ協定を踏まえた日本の気候政策と、温暖化対策の国内事例をお聞きする機会を設けました。「2℃未満」を達成するための方策について、皆さんと一緒に考えたいと思います。どうぞ、ご参加ください。
━━━ プログラム ━━━

【講演】

『パリ協定を踏まえた日本の気候政策』

講師: 鈴木 啓太氏 (環境省地球環境局総務課 低炭素社会推進室 室長補佐)

【事例紹介】

『消費者の環境貢献意識がつくる新市場へのアプローチ』 〜もっと身近に!普段のお買い物を通して環境貢献〜

講師:加藤 孝一氏
(カルネコ株式会社 代表取締役社長、内閣府 地域活性化伝道師)
 ☆講演・事例報告後は、質疑を中心にディスカッション

★ 申込方法★

お名前、ご所属(団体・組織)、連絡先(日中連絡が可能なもの)、北海道環境カウンセラー協会会員(はい・いいえ)、北海道グリーンファンド会員(はい・いいえ)を お書き添えの上、メール(office[@]h-greenfund.jp )またはこちらのフォームから、お申込みください。

※迷惑メール対策のため、[@]を@に変えてください。
※メールは件名を『9/30 2℃未満の道 申込』としてください。

お電話、ファックスでも受け付けています。 NPO法人北海道グリーンファンド TEL 011-280-1870 FAX 011-280-1871

※申し込み期限は、9月29日(木)18時です。なお、定員になり次第、締め切ります。

★チラシ(PDF) ★ 

こちらからダウンロードできます

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

翌日にも地球温暖化に関するセミナーを開催します!


《シリーズ2℃未満 Vol.2 地球温暖化は、解決できるのか?ーパリ協定から未来へ》 詳しくはこちらをご覧下さい!

『 国際交渉の最前線を知る WWF気候変動オフィサーに聞く 地球温暖化は、解決できるのか? −パリ協定から未来へ

 講師: 小西 雅子さん
   (
WWFジャパン自然保護室室次長兼気候変動・エネルギープロジェクトリーダー、 一般社団法人日本気象予報士会副会長)

[札幌会場] 10月1日(土)13:00〜15:00(開場/12:30) TKP札幌駅 カンファレンスセンター 3B

[江別会場] 10月1日(土)18:30〜20:10(開場/18:00) 江別市野幌公民館研修室3・4号

 

━━━ 講師プロフィール ━━━

鈴木 啓太(すずき・けいた)氏
平成19年 環境省入省
平成21〜24 年 総合環境政策局環境影響評価課・総務課
平成24〜26年 大臣官房総務課
平成26〜28年 環境保健部企画課
平成28年 現職

加藤 孝一(かとう・こういち)氏
昭和56年 カルビー(株)入社。営業、物流、マーケティング経営企画を地域事業部で経験
平成7年  本社・営業革新推進室
平成8年  マーケティング企画室マネジャー
平成14年 プロモーション革新プロジェクト・オーナー
平成17年 CalNeCo事業部設立
平成23年 「日本の森と水と空気を守る」EVI推進協議会立ちあげ
平成26年 内閣府から地域活性化伝道師の認定を受ける
平成27年 EVIの取り組みが日本カーボンオフセット大賞・特別賞を受賞
平成28年 カルネコ株式会社設立 代表取締役社長
●主催:NPO法人北海道環境カウンセラー協会、NPO法人北海道グリーンファンド

●後援:北海道、公益財団法人北海道環境財団

●協力:環境省北海道地方環境事務所、環境省北海道環境パートナーシップオフィス、札幌市、
     札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)、えべつ地球温暖化対策地域協議会、
     さっぽろ地球温暖化対策地域協議会、一般社団法人北海道再生可能エネルギー振興機構

<平成28年度 独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金助成事業>